ウサギのくしゃみの原因と治療法

ウサギのくしゃみの原因と治療法

農場でよく見られるのはペットの病気です。時々、ウサギはくしゃみをして急激に衰弱します。この場合、どうすればペットを救うことができますか?これらは、すべての農家に経験と初心者の両方を悩ませている問題です。

.

Кролик чихает

ウサギがくしゃみをする

ウサギがくしゃみをすると、すべてのウサギの住人で風邪に似た症状が発生する可能性があります。感染の拡大を防ぐことは不可能であるため、家庭での最初の検査と救急医療はすべての農家の主な仕事です。ウサギがくしゃみを始めるのはなぜですか?

ウサギの家での飼育

ウサギがくしゃみを始めたら、農家はすべてのウサギと成虫を調べる必要があります。

毛皮で覆われた赤ちゃんの健康状態が悪い理由は2つだけです。ウサギのくしゃみが病気のペットから健康なペットに伝染する可能性がある感染症ですが、非感染性の原因には早急に対処する必要があります。病気のうさぎはうさぎ全体への脅威です。獣医への電話で引っ張ることはそれだけの価値はありません。家庭でふわふわのペットを助ける方法は?

一度に複数のペットがくしゃみをする場合は、フィーダーまたはドリンカーで病気の原因を探します。毛皮で覆われた動物を飼うための条件は、彼らの幸福を決定します。湿度の高い気候や湿った細胞は、ウサギが戦うのが難しい風邪を引き起こします。病気の最初の日からふわふわした鼻が濡れます。このような症状と無気力は、病気の最初の兆候です。ウサギは静かになり、ほとんど食べません。毛皮で覆われた動物の倦怠感の主な原因を特定することで、家畜の流行や大量死を防ぐことができます。

十分な調査を行わないと、専門家でさえ、ウサギがくしゃみをしている理由とその急激な衰弱の原因を特定するのは難しいでしょう。常に清潔な細胞で飼育されている家畜を検査し、高品質の飼料を消費している場合は、各農家の強さによって初期段階で問題を特定します。毛皮のようなペットの病気の原因は必ず明確にする必要があります。そうしないと、病気の再発を防ぐことはできません。

ウサギがくしゃみをする理由

咳、​​鼻水-最初の症状、

ウサギは理由のために嗅ぎ、くしゃみをします。症状が長期間続く場合は、獣医の診察で引っ張るだけの価値はありません。なぜウサギとしつこい品種のオスが病気なのですか?ウサギがくしゃみを始めた時間枠を明確に定義する必要があります。風邪だけでなく、この種の咳のふわふわの農場ペット。開花期にのみ現れるアレルギーは、同様の症状を示すことがあります

病気の症状は、病気の根本的な原因を特定し、さらなる予防のための適切な戦術を構築します。ウサギがくしゃみをするのはなぜですか?彼は一年中いつでも発生する病気に苦しんでいます:

  • 風邪,
  • アレルギー,
  • 低体温,
  • 炎症鼻の怪我による,
  • 動物の不適切な飼育に関連する疾患,
  • 咳や鼻水の原因となる感染症。

最初に反応する鼻さまざまな風邪のために、診断の間に検査されるべきです。検査に費やされる時間は、患者の隣に住んでいる個人を救うでしょう。病気のウサギを置く場所がない場合は、残りの部分、特にウサギから保護する必要があります。根本的な原因と正確な診断を決定した後にのみ、病気の治療が行われます。動物にとっては、人間の無活動と存在しない疾患の治療よりも悪いことはありません。

くしゃみをするウサギは、不適切な拘留状態を示している可能性があります。

ウサギが冬に寒い場合、あなたはウサギが住んでいる細胞と鳥小屋を絶縁する必要があります

この病気は必ずしも感染性があるとは限りません。症状が初日持続せず、感染が隣接する臓器である眼、口腔、耳に及ぶ場合、その後の治療を遅らせることはできません。毛皮のようなペットの鼻、耳、口を検査した後、獣医師は正確な診断を下し、治療を処方します。専門医が来る前にふわふわを助ける方法は?

非伝染性の疾患と治療

ウサギが鼻と耳を引っ掻いた場合、くしゃみ、咳、目が水っぽい場合、ふわふわは病気です。

ペットの状態をすばやく緩和するには、病気の根本的な原因を検討することをお勧めします。初心者の農家は何をすべきですか?風邪のような一般的な症状の存在、および鼻水の存在は、ウサギが感染している可能性があるか、または動物が重度の低体温の結果としてひどく損傷を受けていることを示します。急いでの結論も価値がありません。病気が広がっていないことを確認する必要があります

ウサギの健康上の問題の非感染性の性質は、主に2つの症状によってのみ現れます。鼻水やくしゃみの存在は、動物の低体温の結果としての風邪の明らかな兆候です。風邪の治療ははるかに簡単です。飼いならされた動物が風邪に苦しむよりも頻繁に装飾的なクロール。ケージが配置されている家のドラフトが脱力感とくしゃみの最も明白な理由です。

ウサギは成人よりも風邪がひどいです。最初の風邪の前にどうにか強くならなかった白と灰色の品種は、ウサギの深みに隠れます。白色の分泌物は、長い間治療されていないこの疾患の無視された形態を示しています。風邪の治療はどのように始まりますか?

寒いウサギには、一定の温かさと健康的でバランスの取れた食事が必要です。病気にかかった直後、彼は適切なケアと清潔で暖かい細胞を確保する必要があります。動物が適切に飼育されていれば、風邪を避けることができます。

.

ウサギの風邪

感染症の原因物質は、ウサギの餌箱や飲み器に侵入したり、感染した家畜との接触により感染したりします動物。ウサギでは2〜3ヶ月ごとに感染症を予防する必要があります。猫を脅かすことが最も多い感染症:

  • 連鎖球菌,
  • パスツレラ,
  • ブドウ球菌。

感染症の症状風邪に似た病気。動物は急速に衰弱し、無気力になり、不活発になり、体温が上昇し、時間が経つと腫れ上がりは完全に拒否されます

獣医師が処方した薬は、動物の感染を防ぐのに役立ちます。抗生物質と大量飲酒のコースは感染を克服するのに役立ちます。後の段階では、動物を助けることはほとんど不可能です。病気のウサギは健康な人から遠ざけるべきです。

したがって、動物はさまざまな理由でくしゃみをする可能性がありますが、誰もが健康な家畜を育てることができるという一般的な規則があります。合併症は、飼い主の職務を怠った場合にのみ発生する可能性があり、その結果、猫の免疫力が損なわれます。

Anna Evans

Author ✓ Farmer

View all posts by Anna Evans →