はちみつを食べて外に出ても大丈夫ですか

伝統的に、私たちは皆、冬に向けて新鮮な蜂蜜の瓶を買いだめし、季節性のウイルス感染症の治療に使用しています。しかし、風が強くて凍るような蜂蜜の後に外に出ることができますか?

記事の内容

  • 1蜂蜜製品の特性
  • 2では、外に出ることができますか?
  • 3結論

蜂蜜製品の特性

天然の蜂蜜は、体が招かれざる客に対処するのを助けます-それは、鼻咽頭、喉、肺に炎症を引き起こすことが最も多い細菌やウイルスを破壊します。

のどの痛み、気管支炎、鼻水、インフルエンザには蜂蜜製品を使用しています。また、免疫力を維持し、分解、ビタミン欠乏症に対処することもできます。

風邪の治療には三重の効果があります。便利な珍味:

  • 病原体と戦う;
  • 痛みを和らげる;
  • 汗をかき、毒素を洗い流すのに役立ちます。

もちろん、温かいハーブティーや温かいハーブティーを飲んだ場合にのみ、たくさんの汗が出ます。これは高温で行われるべきではありません。

読む:

大人の温度で蜂蜜を飲む

また、低温では、夜に小さじ1杯の蜂蜜製品またはライムのラズベリーティーと一緒に温かいミルクを飲むことはまったく問題ありません。

しかし、蜂蜜製品は、一口を温かい(必然的に温かく、熱くはない!)お茶で治療するだけでなく、使用されることを忘れないでください

体の全般的な強化には、朝に飲む水溶液が理想的です。これは、元気を取り戻し、消化管の代謝と働きを開始し、鼻、喉、肺のウイルス感染を防ぐための最良の方法の1つです。

読む:

彼らが蜂蜜と一緒に水を飲む理由と方法

それで、あなたは外に出ることができますか?

もちろん、外に出る前に蜂蜜を食べることもできます。ただし、ここでは、いつ、どのように使用するかを明確にすることが重要です。

暖かい季節には、心配することは何もありません。秋、春、特に冬は低体温症によって危険です。これは、お茶で温めた後(蜂蜜はそれとは何の関係もありません)、次の10〜15分間は冷気に出られないことを意味します。

しかし、お茶の直後に使用したり、噛んだりすると、蜂蜜製品自体が大量の発汗を引き起こすことがあります。もちろん、発汗効果はラズベリージャムほど顕著ではありません。しかし、それはそこにあります。

したがって、結論は次のとおりです。温かい、特に熱いお茶+蜂蜜=上気道の低体温症のリスク

XNUMX枚目の写真

そして、あなたが暖かい水を飲むならば?通常、蜂蜜製品はほぼ室温の水中で攪拌され、目覚めたらすぐにコップ一杯の溶液が飲まれます。そのため、外に出るまでにかなりの時間がかかります。そして、そのような飲み物は強い発汗を引き起こしません。

結論はここで明らかです。朝に口の中で吸収された蜂蜜の水またはスプーン一杯の蜂蜜は、冷気に出たときに低体温症を引き起こすことは決してありません。

結論として

言われていることを要約すると、何の影響もなくコーヒーを蜂蜜やお茶と一緒に飲み、ほとんどすぐに冬に外に出る人もいます。しかし、これはあなたも風邪をひかないという意味ではありません。

したがって、次の2つの簡単なルールに従ってください。

1)体を10〜15分間冷ましてから、外出する前に、必ず喉をスカーフで包んでください。

2)お茶を飲んだ10分後に蜂蜜製品をさらによく溶解します。これにより、製品のすべてのビタミンと生物学的に活性な物質が元の形に保たれます。

または、室温で水で調製した水溶液を飲みます。小さじ1杯のグレープビネガー、アップルサイダービネガー、またはレモンジュースを加えて、自然な消化器系クレンザーにします。

読む:

アップルサイダービネガーとハチミツの扱い方

そして最も重要なことは、禁忌を忘れないでください!食物不耐性、糖尿病(食べることはできますが、少量です)、胃腸管の急性炎症過程。また、ハチミツ製品は妊娠中や授乳中は注意して食べます。そして、彼らは彼らが1歳になるまで子供たちにそれを与えません。

このページをブックマークできます

Anna Evans

Author ✓ Farmer

View all posts by Anna Evans →