ジャガイモ用手動ジャガイモokuchnik

ジャガイモ用手動ジャガイモokuchnik

ポテトは、料理で人気を博した味の良さを備えています。栽培は、植え付け、手入れ、収穫から成ります。ポテトを小分けするための手動プラウは、大きな機器を使用するのが不合理な小さなエリアで使用されます。

.

Ручной плуг для картофеля

ジャガイモ用の手動プラウ

丘陵の目的

ジャガイモの丘陵は、 :

  • 土壌を緩める,
  • 根への水分と水分のアクセスを増やす,
  • 塊茎の形成を加速する,
  • 収量を増やす。

植栽中に接地を行うと、収量が25%増加します。この手順は、高湿度の地域でのみ、よどんだ流体を取り除くのに役立ちます。乾燥した気候での着陸には操作は必要ありません

ジャガイモを栽培する古典的な方法は、チョッパー、くわまたは熊手を使用することです。金銭的な投資は必要ありませんが、多くの時間と労力がかかります。プロセスをスピードアップするには、手動プラウを使用します。

手動耕うん機を使用します

手動鍬式プラウの利点:

  • 折りたたみ可能な設計,
  • コンパクトサイズ,
  • 使いやすさとメンテナンスの容易さ
  • 操作性と汎用性
  • 1人でサイトを処理できる機能
  • 低コスト。

手工具の使用は、軽量で重い農業機械を使用できない狭い場所でのみ効果的です。広い領域では、ツールは生産性が低く、多大な労力を必要とします。

手動スパウトには2種類あります:

  • 足の形の作業ツール,
  • ディスク。
Окучник прост в использовании

Okuchnikは使いやすい

クラシックヒラーには、V字型の作業用シェアがあります。ホイール付きの金属フレームに取り付けられています。管理用に、ハンドル付きのラックが用意されています。移動方向と加工深さを調整できます。ツールが取り付けられている地面からのさまざまな高さに調整穴も設けられています。

ディスクチラー

ヒリングポテト用の手動ディスクプラウ(プラウ)は、次のもので構成されています:

  • Tフレーム,
  • ディスクの動きを調整するための2つのねじストラップ、
  • ラック、
  • ブレードブレード。

ジャガイモを植えるときは、ジャガイモの手入れのプロセスと収穫後の処理中に手動ディスクプラウが使用されます。列間の距離は、作業幅を調整するために測定されます

手動式ディスクプローリッジは、移動を容易にするために可動部分のあるフレームにも取り付けられています。ホイールの最適な直径は65 cm、幅は15 cmです。ディスクプラウの幅は5〜25 cmです。

ルール

手動プラウでジャガイモを耕す場合、次の人々はこのルールに従います:

  • 規則性。じゃがいもは、1シーズンに2回栽培する必要があります。最初の手順は、最初の芽が現れた、植え付けの1か月後に行われます。 2つ目は、植物の高さが18〜20 cmに達したときに実行されます。花が開いている場合は、後でアースを実行します。
  • 時間の選択。加工用じゃがいもは曇天です。早朝や夕方も適しています。最良の効果を得るには、雨が降るまで待ち、その後は丘陵を行います。
  • 暑さの回避。日光は植物を損傷します。

手動ヒラーの自己組立て

手動プラウを作成するには、次のものが必要です:

  • 1 mインチ金属パイプ,
  • 牽引用細管,
  • 厚さ2〜2.5 mmの鋼板,
  • トーチ,
  • 溶接機,
  • 金属用ディスク付きグラインダー,
  • ストラップ。

自作のプラウは、購入したプラウより数倍安い価格で出ます。適切に製造するには、正確な寸法を知る必要があります。高さは、プラウで作業する人の高さから取得されます。デバイスの幅は40〜50 cmです

本体は金属パイプから作成されています。肉厚はボディの基礎として機能し、薄肉はすべてのセグメントを接続します。重い金属片を取る必要はありません。大規模なツールで作業するのは困難です。

.

作業用プラウは、尖ったエッジを持つ鋼板でできています。また、ディスクヒラーは、前足を金属製の円に置き換えて作られています。彼には、取り付けブラケットとカム機構がさらに必要になります。古いポットのふたは、作業体の基礎として使用されます。

結論

ジャガイモのヒリングは、ケアの重要なステップです。栽培を成功させるために、雑草の間隔をあけて害虫を破壊します:雑草は感染を広げ、植物の栄養を難しくします

手持ち式のプラウは、植え付け時にハローを切るためにも使用されます。それらは、cartoprooperまたはpropolnikに再作成されます。

このページをブックマークできます

Anna Evans

Author ✓ Farmer

View all posts by Anna Evans →